【小説紹介】永遠の刹那

 

初めての連絡から2年。
最初は、オナニーさえもできなかった。自分のマンコはもちろんおっぱいを見られるのも恥ずかしがっていた。メールでやり取りをしながら、いろいろ話をして初めて見るチンコに少し興奮してマンコを見て欲しがったり。

オナニーを覚えて性に興味をもち、処女でも恥ずかしくないと思い。
そして、実際にチンコを触ったり、マンコを触られたりしてみたくなった。
そんな女の子のお話です。

 

小説家になろうで、小説を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket