【小説紹介】閑雲の如く

 

待ち合わせ場所に急いでいる。そう、ゆき の調教を行う日なのだ、時間が限られている中での調教になるが、閑雲の気持ちで取り込む事にしよう。
今までのメール調教から出来そうな事は解っている。
いくつかの事をやってみようと思っている。その為にも、早めに合流してプレイを開始しよう。

小説家になろうで、小説を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket