【小説紹介】涙の行方

 

東京の歌舞伎町と言う街で遊んでいた。今では考えられない位ふざけた時代も存在していた。そんななか奇妙な共同生活が始まった。

小説家になろうで、小説を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket